Ubuntu/CentOSサーバのスワップ領域の割り当て


Linuxでスワップメモリを作成する手順です。先日作ったAWSのmicroインスタンス(Ubuntu)のスワップメモリが設定されていなくって、unicornやRakeタスクがKillされまくって半泣き状態だったので、二度と忘れず設定するためのメモです!


🚕 スワップメモリの確認方法

cat /proc/swaps
# こんなかんじで出ます↓
# Filename Type Size Used Priority

スワップ領域の作成

# 管理者権限になる
sudo su -

# スワップ用フォルダの作成
mkdir /var/swap

# 2Gのスワップ用のファイル作成
dd if=/dev/zero of=/var/swap/swap0 bs=1M count=2048

# パーミッションの設定
chmod 600 /var/swap/swap0

# スワップ割り当て
mkswap /var/swap/swap0
swapon /var/swap/swap0

# 起動時に自動でスワップが割り当てられるように設定
echo '/var/swap/swap0 swap swap defaults 0 0' >> /etc/fstab

😼 スワップ割り当て結果の確認

cat /proc/swaps
# Filename Type Size Used Priority
# /var/swap/swap0 file 2097148 211176 -1

🎉 Speical Thanks

Ubuntu スワップファイルの追加方法

メモリとSwap領域の確認: BlueEyesBlue

🍣 変更来歴

(2016/01/24 19:25) 各種動作確認

🦃 12/11(水) 19時から個人開発の勉強会やります!

ちまたで話題の「個人開発」は、エンジニアが自由に技術を選んで好きなプロダクトをつくることができる理想の開発スタイルですが、モチベーションが続かなかったり、サービスでの集客方法や収益化等がわからないなどの課題があります。
こういった課題を色々なアプローチで解決しようとしたエンジニアの「経験談」を LT で共有しつつ、懇親会などで情報交換をする場にしていきたいと思っています!(LTの後、近くの居酒屋さんで飲みにいきましょう!!!)
個人開発者同士のつながりを作ることで、お互いにモチベーションを高め合う仲間ができればと思っています!

🖥 VULTRおすすめ

VULTR」はVPSサーバのサービスです。日本にリージョンがあり、最安は512MBで2.5ドル/月($0.004/時間)で借りることができます。4GBメモリでも月20ドルです。 最近はVULTRのヘビーユーザーになので、「ここ」から会員登録してもらえるとサービス開発が捗ります!

📚 おすすめの書籍