Apache VirtualHostの設定


Apache + PassengerでRailsサーバを立てるときに使うVirtualHostの設定です。個人的にいくつかの記事に分散していて、見にくかったという俺得記事ですww

もし、より効率的な設定とか有ればぜひ教えてください^^


🐯 Apache + PassengerのVirtualHost設定

Apache + PassengerでVirtualHostを設定する場合のconfは今はよくこんな感じで書いています。
(vim /etc/http/conf.d/vhost.confによく書きます)

NameVirtualHost *:80

ServerName domain_name
ServerAlias *.domain_name
DocumentRoot /somewhere/public
RailsEnv production
PassengerEnabled on
RemoveHandler .cgi .php

# mod_deflateでjs/cssファイルを圧縮


SetOutputFilter DEFLATE

SetEnvIfNoCase Request_URI \
\.(?:gif|jpe?g|png)$ no-gzip dont-vary

Header append Vary User-Agent env=!dont-vary



# js, css, 画像ファイルなどのexpireの設定


ExpiresActive On
ExpiresDefault "access plus 1 years"



ExpiresActive On
ExpiresDefault "access plus 1 years"




# This relaxes Apache security settings.
AllowOverride all
# MultiViews must be turned off.
Options -MultiViews


ちなみに、この設定の中に出てくるmod_deflateは圧縮を行ってくれるapachのモジュールで、mod_expireは有効期限を設定してくれるモジュールです。

Apacheの設定画完了したら、コンソールで設定を反映。

apachectl -t
> Syntax OK
sudo apachectl graceful

恥ずかしながら素人レベルなので恐縮ですが、ちょっとずつよくしていきたい^^

🦃 12/11(水) 19時から個人開発の勉強会やります!

ちまたで話題の「個人開発」は、エンジニアが自由に技術を選んで好きなプロダクトをつくることができる理想の開発スタイルですが、モチベーションが続かなかったり、サービスでの集客方法や収益化等がわからないなどの課題があります。
こういった課題を色々なアプローチで解決しようとしたエンジニアの「経験談」を LT で共有しつつ、懇親会などで情報交換をする場にしていきたいと思っています!(LTの後、近くの居酒屋さんで飲みにいきましょう!!!)
個人開発者同士のつながりを作ることで、お互いにモチベーションを高め合う仲間ができればと思っています!

🖥 VULTRおすすめ

VULTR」はVPSサーバのサービスです。日本にリージョンがあり、最安は512MBで2.5ドル/月($0.004/時間)で借りることができます。4GBメモリでも月20ドルです。 最近はVULTRのヘビーユーザーになので、「ここ」から会員登録してもらえるとサービス開発が捗ります!

📚 おすすめの書籍