酒と泪とRubyとRailsと

Ruby on Rails と Objective-C は酒の肴です!

Railsのデバックが捗るエラー画面 Better Errors 使ってみた!

Where?

Railsのエラー画面をわかりやすく表示してくれるBetter Errors(better_errors)、GitHubのRuby系プロジェクトの中で一ヶ月で1番Starがついてたみたいです。ということで早速使ってみました!

charliesome/better_errors - GitHub


Better Errorsとは?

Better ErrorsはRack(RailsとかSinatraとか)のエラー画面をデバックしやすい形に整形してくれるGemです。

このGemの特徴は次の3つです。

* 綺麗なUI
* わかりやすいエラーメッセージ
* ブラウザからのirb(PERL)によるdebugが可能

インストールは、Gemfileに以下の行を追加してbundle installするだけです。

1
2
3
4
5
6
7
group :development do
  # エラー画面をわかりやすく整形してくれる
  gem 'better_errors'

  # better_errorsの画面上にirb/pry(PERL)を表示する
  gem 'binding_of_caller'
end

綺麗なUI

下が通常のRailsのエラーメッセージ、ちょっと味気ないですよね。

fpu_tmp_1355365827.7806_137037

これが、Better Errorsを入れると次のようになります。

fpu_tmp_1355369413.1479_0ed703

エラーメッセージ/trace情報

必要な情報をうまく表示してくれているのでエラーを追いやすいです。

irb(rails c) - デバック画面

ブラウザからのirb(PERL)によるdebugが可能なので、ここはどうなってるんだっけというのもターミナルを表示しなくてもすぐ確認できます。

request時のパラメータ/変数の中身

今まで地道にloggerとかを仕込んで確認していたrequest時のパラメータや変数の中身も画面から簡単に追えるようになっています。

つまり、デバックが捗る

これなら、GitHubberな方々が注目する理由もわかります!、もしチャンスがあれば是非チャレンジしてみてください。

charliesome/better_errors - GitHub

Special Thanks

Rails4に間に合うか、REPL付きエラー画面「Better Errors」がイイ感じ

10秒でバイトが見つかるアプリ「Short.Works」作ってます!

iPhoneアプリ Short.Works 概要
短期のアルバイトを10秒で探して、応募ができるiPhone/Androidアプリ『Short.Works』を9月リリース目標に開発しています。

どんなアプリ?

* 「明日3時間暇だから、バイトしよう!」が簡単にやれるようになる
* 「近くで・時給の高い」、短期のアルバイトが2タップで見つかる
* 引っ越しやイベントのスタッフなど急に必要になったサポートをすぐに探せる
詳しくは『Short.Works Blog』にどんなアプリなのかを少しずつ紹介します。もし興味があればぜひ読んでみてください!

一緒にアプリを開発しませんか?

現在8人のチームで基本リモートで開発しながら、毎週日曜日に「Hackathon House」にあつまってアプリのアイデアを考えたり、モクモク開発したりしています。 もしアプリに興味を持って頂けるようなら、『メールアドレス contact@short.works』か『Twitter @shortworkus』にメッセージ下さい^^

1) iPhone / Android / Railsアプリ / インフラ構築の開発にご協力頂ける方
2) スマートフォンアプリやWebサイト、HTMLメールのデザインにご協力頂ける方
3) ブログ・ソーシャルメディアを活用したマーケティングにご協力頂ける方
半日〜1日だけとか週末プロジェクトとか、ガッツリやってみたいとか相談のります。 報酬もテンポラリー、レベニューシェア、その他もろもろ何でも相談に乗ります!何でも言ってください。

押さえておきたい書籍

いかがだったでしょうか?
もし説明がわかりにくかったり、間違っている場所があればぜひ一言!

Comments