Digdag x Dockerでモダンなバッチ処理環境を構築


DigDag」はTreasure Data製のワークフローエンジンのOSSです。ワークフローエンジンを使うことでバッチ処理の依存関係を明確に定義できたり、ジョブの管理をしやすくなります。また、Dockerと組み合わせることで、言語や環境を自由に選ぶことができます。

🚜 紹介スライド

2017/6/9に発表したDigdagの紹介LTのスライドです。Web画面からタスクの実行状況がわかったり、再実行ができたりするのは便利です!

🎂 Digdagの特徴

🏈 開発者の古橋さんの紹介スライド

Tokyo Ruby会議#11で開発者の古橋さんが発表されていたスライド。どんな特徴をもっているかのイメージがつきやすいと思います。

👽 アーキテクチャとコンセプトの説明

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)