酒と泪とRubyとRailsと

Ruby on Rails と Objective-C は酒の肴です!

「問題解決プロフェッショナル」を読みました![書評]

問題解決系の書籍で鉄板の『問題解決プロフェッショナル―思考と技術』 を読んだので忘れないように書いていたことをメモしておきます。全般としては、無意識の中でやってきたことが書籍の中で体系化されているのですごく合理的と感じる内容です。

書籍の中にある、

  • ポジティブ・メンタリティ => あきらめずに前向きに物事を捉える
  • ロジカルシンキング => 論理的に考える
  • パラダイム転換 => 従来の枠組みからの転換を目指す

というベースの考え方を大切にしていきたいです!


Casper.js で スクレイピング

JavaScriptなどを多用しているような動きのあるページをスクレイピングしたい場合に使えるテクニックです。 Casper.js は npm で比較的簡単にインストールできそうなので、サーバ側でも簡単に実現できるのでオススメです^^


ESLint で React.js / ES6+ のコードをチェックする手順

ESLint は JavaScript のための静的検証ツールです。コードを実行する前に明らかなバグを見つけたり、括弧やスペースの使い方などのスタイルを統一したりするのに役立ちます。 この記事では、 ESLint で ES6+ で書かれた React.js のチェックをするための設定を説明します。


React-bootstrap で書くとコンポーネント的に Bootstrap が使えるよ!

React-Bootstrap は React.js のコンポーネントとして Bootstrap を扱うことができるライブラリです。 これを使うことでBootstrapのCSSではなく、React.js のコンポーネントを組み合わせる感覚でコードを構築する事ができます。また、全体のコードが明瞭になるのでメンテナンスコストも抑えられそうです!


「ファシリテーション・グラフィック」を読みました![書評]

ファシリテーション => 「話し合いを円滑にすすめること」を学ぶ一貫として、「ファシリテーション・グラフィック」という本を 読みました。ファシリテーション・グラフィックとは、ホワイトボードなどに文字や図形を使って「わかりやすく議論を描く」ことだそうです。この中で特に参考になったことをメモしました。