酒と泪とRubyとRailsと

Ruby on Rails と Objective-C は酒の肴です!

馬券裁判 という本を読みました!

完全に趣味で「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」という本を読んだのでそのレビューです。

この本は、30億円の当たり馬券と28億円のハズレ馬券を出して国税から10億円の追徴課税を受けながら、結果としてはハズレ馬券が経費という判決を最高裁で勝ち取った筆者の購入法の考え方や裁判の記録が書かれている書籍です。


Travis CI、Coveralls、Code Climate、RubyGems、Gemnasium、deppbotと連携させよう!

RubyGemsなどのライブラリをOSSで公開した時の醍醐味として、Travis CIやCode Climateなどのコードの品質担保の仕組みを無料で使うことができるということがあります。ということで先日公開した 『events_jp』として公開したを今回、以下のツールに連携させてみました!

  (1) travisCI
  (2) Coveralls
  (3) Code Climate
  (4) RubyGems.org
  (5) Gemnasium
  (6) deppbot

(2016/6/27 22:20) deppbot を追加

Python開発環境構築 徹底解説[pyenv, El Capitain]

Pythonの統計や機械学習系ライブラリを触ってみたくって、Pythonの環境をMarvericksに構築したのでそのメモです。Pythonはほぼ初心者なので、いろいろ触ってどんどん覚えていきたい!

(2016/05/22 17:40) El Capitainで動作確認

チーム開発に必要なgit コマンドを神速で習得しよう!

すみません、タイトルは釣りです。書籍『入門git 』と『もっと早く知りたかった! Gitが鬼のようにわかるスライド厳選7選』、『Gitがこわくて触れられなかったけど、このスライドで理解出来るようになったよGitサイトまとめ』紹介のスライドを読んで、理解したことをまとめるためにこの記事を書きました。今までは個人でしかgitを使ってなかったので、チーム開発に必要なgitコマンドを少しでも理解できるように頑張ります!

(05/13 08:45) githelpを追加

Dokku プライベートなherokuを作ってRailsアプリをデプロイ[Digital Ocean]

herokuライクなプライベートなPaaSを作るためのOSS『dokku/dokku - GitHub』の紹介です。 このDokkuの環境は、「Digital Ocean」だと画面から数クリックで作成できるので、 今回は、Digital Oceanとセットで手順を紹介します。

Dukkuを使うメリットは次の通りです。

  • Heroku ライクにgitにpushしたら、BuildPack的なものを使ってRailsやNode.js, Pythonなどのアプリを展開できる
  • Dokkuは、PosgreSQLやRedis、ElasticSearchなどのプラグインを数コマンドで使える

まだ簡単なアプリをBuildしただけですが、特にハマることもなく安定して使えています!

わかりやすく説明する力と問題解決力が、1冊でビシっと身につく本!ためになったポイント:問題解決力編

- 自分の意図をもっと的確に伝えたい
- 問題解決のための思考プロセスをサクッと学びたい

といったスキルを勉強するのに読むと良さそうな本ということでチャレンジしてみました! 今回は「問題解決力編」です。 同じ本で「わかりやすい説明編」書きました!

わかりやすく説明する力と問題解決力が、1冊でビシっと身につく本!ためになったポイント:わかりやすい説明編

- 自分の意図をもっと的確に伝えたい
- 問題解決のための思考プロセスをサクッと学びたい

といったスキルを勉強するのに読むと良さそうな本ということでチャレンジしてみました! 今回は「わかりやすい説明編」です。 同じ本で「問題解決力編」も書きました!

Railsの多言語化対応 I18nのやり方を整理してみた!【国際化/英語化】

RailsのWebアプリを英語化(多言語化)をサポートしてくれるGem、i18nの紹介です。今回はi18n対応のノウハウをまとめてみました。

(1) i18nのベーシックな使い方
(2) GitHubから辞書ファイルをダウンロード
(3) 辞書ファイルを分割して管理をしやすくする
(4) locale別のHTMLテンプレート
(5) localeの動的判定
(6) DBに格納されている文字列の多言語化
(7) モデル名やモデルの属性名の多言語化
(8) Javascriptのi18n対応