JavaScriptのString(文字列)の基本


ここではJavaScriptのString(文字列)の基礎的な知識を紹介します。

🐯 文字列から数値への変換:parseInt

JavaScriptで文字列から数字に変換したい場合は、parseIntが使えます。

parseInt("5", 10); //=> 5

返り値は整数型になります。変換できない場合は NaN を返します。

😀 文字列の前方一致のチェック:startWith

文字列の先頭からマッチしているかどうかをチェックするのは startWith で実現できます。

"Hello World!".startsWith("He"); //=> true

🐝 対象の文字を含むかのチェック:indexOf

文字列の中で検索対象の文字を含むかどうかをチェックするにはindexOfを使います。

var str = 'prefix hoge fuga suffix';
str.indexOf('hoge'); //=> 7
str.indexOf('piyo'); //=> -1

🗻 正規表現による文字列検索:match

正規表現による文字列マッチを行う処理には match() を使えます。

var str = "ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz";
var regexp1 = /[A-E]+/gi;
var matchedArray1 = str.match(regexp1); //=> ["ABCDE", "abcde"]
var regexp2 = /E([F-H]+)I/i;
var matchedArray2 = str.match(regexp2); //=> ["EFGHI", "FGH", index: 4, input: "ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz"]

🐡 半角英字の大文字⇒小文字変換:toLowerCase

半角英字(アルファベット)を大文字から小文字に変換したい場合はtoLowerCaseメソッドを使います。

"ABC".toLowerCase(); //=> abc

🎃 半角英字の小文字⇒大文字変換:toUpperCase

半角英字(アルファベット)を小文字から大文字に変換したい場合はtoUpperCaseメソッドを使います。

"abc".toUpperCase(); //=> ABC

🚜 正規表現を使った文字置換:replace

replaceメソッドで正規表現を使った文字列後間を行うことができます。

var str = 'hoge\nfuga';
str.replace(/\n/g, '<br>'); //=> 'hoge<br>fuga'

😎 前後の空白の除去:trim

trimメソッドで文字列の前後の空白の除去を行えます。

var orig = ' foo ';
console.log(orig.trim()); //=> 'foo'

🎳 補足:YYYYMMDDの文字列を取得する

現在時刻のYYYYMMDDYYYYMMDDHHmmSSを取得したい場合に使えるコードです。

var rightNow = new Date();
// YYYYMMDD
var dateStr = rightNow.toISOString().slice(0, 10).replace(/-/g, '');
// YYYYMMDDHHmmSS
var dateTimeStr = rightNow.toISOString().slice(0, 19).replace(/(-|:|T)/g, '');

🍮 応用:文字列のパラメータの削除

URLの文字列からパラメータの部分を削除する場合は次の正規表現を使います。

var url = "https://example.com/articles?utm_source=true"
var new_url = url.replace(/\?.*$/,""); //=> https://example.com/articles

👽 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)