BugSense iOS向けのバグレポート・サービス[Objetive-C]

iPhoneアプリケーションのユーザーテストを行うにあたってクラッシュ・レポートを取りやすくするために、『BugSense』を導入してみました。
500エラーまでは無料。25000エラー/月までは$19ですので、スタートアップには良さそう。

あとクラッシュレポート系のサービスをいくつか試してみましたが、一番ちゃんとレポートをキャッチされたのも好印象でした!
(Objective-C初心者ですので、僕の設定がまずいだけの可能性がかなり高いデス^^;)

アルバイトを10秒で探せるiPhone/Androidアプリ Short.Works」で、ユーザーテストをするときに大活躍する予定まっす!


🗻 BugSenseにユーザー登録/アプリケーション登録

BugSense』のサイトからユーザー登録。

ユーザー登録が完了すると、アプリケーションを登録する画面がでます。そこでAPI_KEY(コード)がでるのでメモっておいてください。

🍄 Podfileへの追記

Podfileに次の内容を追記して、pod installを実行。

pod 'BugSense'

🗽 コード側への追記

AppDelegate.mに以下ようにコードを追記。BugSense_API_KEYに先ほど出たAPI_KEYを記入。

#import <BugSense-iOS/BugSenseController.h>
- (BOOL) application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
[BugSenseController sharedControllerWithBugSenseAPIKey:@"BugSense_API_KEY"];
return YES;
}

🐰 レポートのテスト

実際にクラッシュしそうなコードをどこかに追記します。

// クラッシュ・テストコード
NSArray *array = [NSArray array];
id data = array[0];

あとは普通にビルドじて実行して、クラッシュすると数分待つとWeb側にレポートが表示されます。

スクリーンショット_2014-08-09_19_37_35

🐮 参考リンク

iPhone - Crash Report解析サービスのBugSenseを試してみた - Qiita

iOSアプリ開発でもCI/継続的デリバリしようぜ(5):アプリのクラッシュリポートを統計解析できるBugSenseの使い方 (2/3) - @IT

クラッシュ分析ツールBugSenseでアプリのバグの原因を突き止める。 | 三度の飯とエレクトロン

📚 おすすめの書籍