酒と泪とRubyとRailsと

Ruby on Rails と Objective-C は酒の肴です!

Cloud9 IDEでWebブラウザでガリガリRuby on Rails/Node.js/Python/PHP開発

Cloud9 IDEはWebブラウザベースの統合開発環境です。その場でプレビューを見ることができたり、herokuへのdeployなどにも対応しています。外出時のタブレットなどでWebブラウザごしにソースコードをいじったりできるのが便利です!

ちなみに2014/03/16時点での対応言語(パッケージ)は、Ruby(Rails)やNode.js(Express)、Python(Django)、Wordpress、HTML5、C/C++でした。デプロイ先は、Heroku、Windows Azure、CLOUD FOUNDARY、OPENSHIFTなどをえらべそうです。gitリポジトリもGitHubやBitbucketなどにも対応しています。


Cloud9 IDEのメリット

(1) ブラウザが動けば開発できる
(2) チームで同時に1つのソースを操作できる
(3) Herokuなどへのデプロイもできる
(4) SSHやFTPもサポート

初心者向けのつかいたガイド

簡単な使い方です。

(1) ユーザー登録
(2) Free(無料)のまま適当に下の緑のボタンをクリック
(3) 左側の緑のボタン「CREATE NEW WORKSPACE」をクリック
(4) 「Create New Workspace」を入力
(5) Workspace名を入力して、PHPを選択、CREATEボタンを押す
(6) 左側にWorkspace名が追加されるのでそこをクリックして、「Start Editing」ボタンを押す
(7) hello-world.phpをクリック
(8) 適当に入力、上のメニューのFile => Saveを選択
(9) 上の「Run」ボタンを押して、Previewをクリックする
(10) 右側にブラウザが起動するのでそこで表示確認しながらEditorでいじる

課題

Windows Surfaceで動かしたかったのに。。。。うごかなかったお。。。

おすすめの書籍