酒と泪とRubyとRailsと

Ruby on Rails と Objective-C は酒の肴です!

トレタさんのRails + Docker ハンズオンが本当に勉強になった!

4/12(火)に開催された『トレタ社内勉強会 “Dockerの上でRailsアプリを動かす ハンズオン”』 にDockerを勉強したくて無理にお願いをして、ハンズオンに参加させてもらいました。

感想としては @masuidrive さんの作られた資料の密度がすごく高かったのと、 説明が丁寧だったので Docker や Amazon ECS 等の大切な部分の概要を知ることができました!


トレタさんの勉強会資料

事前準備の手順

Docker のメリット

  • Vagrant よりも軽量でキャッシュが有ればすぐに立ち上がる
  • パフォーマンスが通常のLinuxのプロセスと比べて殆ど落ちない
  • 手元で動いてたアプリをそのままネットに公開できる。サーバー自体の環境依存による問題を少なくできる
  • インフラの Blue-Green deployment といったことが容易
  • AWS, GoogleやMicroSoftのクラウド、Apache Mesos等と組み合わせればスケールも容易

これからだなと思ったこと

  • DBのデータなどの静的ファイルをDocker内に置くのは現時点ではちょっと心配。ファイルの保存場所等は別途検討が必要
  • Amazon ECSは個人ユースでは現時点では少しヘビー(設定値をちょっとでもミスると動かないなど)

Special Thanks

おすすめの書籍