GETメソッドとPOSTメソッドの違い


今回はGETメソッドとPOSTメソッドの違いについて。
Webで普通に使ってきていたGETメソッドと、POSTメソッドの違いについて勉強したのでそのメモです。
こういった基礎的な部分をしっかり勉強していくことで、応用につなげていきたい!


🎳 HTTPリクエストについて

HTTPリクエストは、大きく3つの部分に分かれる。

1) HTTPリクエスト行
2) HTTPヘッダー行
3) HTTPリクエストのボディ部

🏀 GETメソッドについて

* リクエストURLの後にパラメータを付与してデータを送付する
* データを取得するときに使用する。副作用がない、常に結果が同じになるような処理に用いる
* URLの文字数は、IEでの制限があり2048文字

🐝 POSTメソッドについて

* HTTPリクエストのbody部にパラメータ(データ)が含まれる
* テキストデータでもバイナリデータでも送信できる

🚌 違い

* GETのレスポンスはキャッシュされるがPOSTはキャッシュされない(ブラウザ、プロキシ、ゲートウェイ)
* GETでのパラメータはURLに残るので、Web鯖、プロキシ鯖に残る。Refererにも載る
* GETはPOSTより送信できる情報量が少ない

🐡 参考リンク

HTTPメモ

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)