Google Analyticsのカスタムディメンションの設定方法[ユーザー属性]


Google Analyticsを使っている中で、アクセスしたユーザーの情報を分析に活用したくなる場合があると思います。そんな時に便利なのが『Google Analyticsのカスタムディメンション』です。

今回はこのカスタムディメンションを設置するときにちょっとハマったので、繰り返さないために忘備録です。


🐞 カスタムディメンションの概要

ユーザーにラベルを貼るカスタム変数で、会員と非会員に分けてアクセス状況を調べるには?


カスタム変数を使って、各会員種別にユーザーをセグメントし、それぞれの会員種別にデータを分けて分析する方法を説明する。

👽 analytics.jsの設定手順

Google Analyticsは古いga.jsと、新しいanalytics.jsがあって設定方法などもいろいろ違うので注意が必要。今回はanalytics.jsの設定方法について書いていきます。

(1)下を見ながらGA側のカスタムディメンションを設定

カスタム ディメンションおよび指標を設定する

ここを見ながら、Google Analyticsの画面でカスタムディメンションの設定をしていきます。

(2) コードを設置

(1)でカスタムディメンションの設定が完了するとGA側の埋め込みコードが出るので、それをソースに埋め込んでデプロイすればOKです!

🐰 参考リンク

Custom Variables

古いga.jsと、新しいanalytics.jsの間の設定の違いを対比しているサイト。かなり助かります!

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)