酒と泪とRubyとRailsと

Ruby on Rails と Objective-C は酒の肴です!

Hub コマンドライン上でGitHubのissueに対してpull Request

最近関わっているプロジェクトで既存のGitHubのISSUEに対してpull requestを送りたくなりました。でググっている過程で見つけたのが、『hub』というツールです。hubは、コマンドラインでGitHubの操作をするのを手助けしてくれるツールで、こんなにステキなツールがあるのかとちょっと感激しました。

ということで簡単にインストールの手順と、pull requestを送る手順をご紹介します!


インストール

インストールの手順は、Homebrew、RubyGemとかからインストールできます。

1
2
3
4
5
# Homebrewから
brew install hub

# RubyGemから
gem install hub

コマンド

GitHubのコマンドの説明がすごくわかりやすいのでそちらを参照ください。

github/hub Commands

GitHubに登録済のISSUEに対してpull request

fix_branchにブランチ名、issue_numのところにISSUEの番号を入れるとpull requestを生成してくれます。

1
hub pull-request fix_branch -i issue_num

Special Thanks

Fujimura — GitHubで既存のissueに対してpull requestする

おすすめの書籍