hubコマンドライン上でGitHubのissueに対してPull Request


最近関わっているプロジェクトで既存のGitHubのISSUEに対してPull Requestを送りたくなりました。でググっている過程で見付け足のが、『hub』というツールです。hubは、コマンドラインでGitHubの操作をするのを手けっしてくれるツールで、こんなにステキなツールがあるのかとちょっと感激しました。

ということで簡単にインストールの手順と、Pull Requestを送る手順を紹介します!


🍣 インストール

インストールの手順は、Homebrew、RubyGemとかからインストールできます。

# Homebrewから
brew install hub
# RubyGemから
gem install hub

🎳 コマンド

GitHubのコマンドの説明がすごくわかりやすいのでそちらを参照ください。

github/hub Commands

🚕 GitHubに登録済のISSUEに対してPull Request

fix_branchにブランチ名、issue_numのところにISSUEの番号を入れるとPull Requestを生成してくれます。

hub pull-request fix_branch -i issue_num

🐮 参考リンク

Fujimura — GitHubで既存のissueに対してpull requestする

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)