Ubuntu/CentOSサーバのスワップ領域の割り当て


Linuxでスワップメモリを作成する手順です。先日作ったAWSのmicroインスタンス(Ubuntu)のスワップメモリが設定されていなくって、unicornやRakeタスクがKillされまくって半泣き状態だったので、二度と忘れず設定するためのメモです!


🐹 スワップメモリの確認方法

cat /proc/swaps
# こんなかんじで出ます↓
# Filename Type Size Used Priority

スワップ領域の作成

# 管理者権限になる
sudo su -
# スワップ用フォルダの作成
mkdir /var/swap
# 2Gのスワップ用のファイル作成
dd if=/dev/zero of=/var/swap/swap0 bs=1M count=2048
# パーミッションの設定
chmod 600 /var/swap/swap0
# スワップ割り当て
mkswap /var/swap/swap0
swapon /var/swap/swap0
# 起動時に自動でスワップが割り当てられるように設定
echo '/var/swap/swap0 swap swap defaults 0 0' >> /etc/fstab

🍄 スワップ割り当て結果の確認

cat /proc/swaps
# Filename Type Size Used Priority
# /var/swap/swap0 file 2097148 211176 -1

🎃 Speical Thanks

Ubuntu スワップファイルの追加方法

メモリとSwap領域の確認: BlueEyesBlue

👽 変更来歴

(2016/01/24 19:25) 各種動作確認

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)