酒と泪とRubyとRailsと

Ruby on Rails と Objective-C は酒の肴です!

さくらVPS/Cent OS 6.4 logwatchの設定[Railsサーバへの道][サーバ監視]

さくらVPS 2GB SSDのCentOS 6.4をセットアップしてイケてるRailsサーバに仕上げるまでのシリーズです。第3回はlogwitchの導入〜設定までです。このlogwatchとはログを整形してメールで1日一回送ってくれるようになるので、サーバのプロセスやログインの履歴確認を簡単に行うことができます。


logwatchのメール・サンプル

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
 ################### Logwatch 7.3.6 (05/19/07) #################### 
        Processing Initiated: xxx xxx xxx 17:26:55 2012
        Date Range Processed: yesterday
                              ( 2012-Dec-13 )
                              Period is day.
      Detail Level of Output: 0
              Type of Output: unformatted
           Logfiles for Host: xxxxxxx.sakura.ne.jp
 ################################################################## 
 --------------------- Disk Space Begin ------------------------

 Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
 /dev/vda3             195G  1.6G  184G   1% /
 /dev/vda1             243M   50M  181M  22% /boot


 ---------------------- Disk Space End -------------------------
 ###################### Logwatch End ######################### 

logwatchのインストール

以下のコマンドでインストール。

1
sudo yum install logwatch

インストールが環境したら、ターミナル上で動作確認。

1
sudo /usr/sbin/logwatch --print

表示を確認できたら、メールの送付先を設定。
sudo vim /etc/logwatch/conf/logwatch.confで以下を追加。

1
MailTo = email@example.com
  • email@example.comは自分のメールアドレスに設定。
  • /usr/local/log/logwatch/は任意で変更/フォルダは要作成。
  • さくらVPSの試用期間中はメールが送付できない可能性があります => ご利用上の注意

メールの送信確認。メールを受け取れれば成功。

1
logwatch --mailto email@example.com

Special Thanks

さくらのVPS を改めて使いはじめる 3 – iptables と logwatch

第29回 「logwatch によるログの収集」

VPS 借りたら、せめてこれくらいはやっとけというセキュリティ設定

変更来歴

09/22 14:30 CentOS 6.4対応 & 記述ミスの修正

検証環境

今回の記事の検証環境は以下の通りです。

Local/Server:
  Ruby: 2.0.0
  Rails: 4.0.0

Local:
  OS: Mac Mountain Mountain Lion(OS X 10.8.4)

Server(さくらVPS 2G SSD):
    CentOS release 6.4 (Final)

おすすめの書籍