酒と泪とRubyとRailsと

Ruby on Rails と Objective-C は酒の肴です!

不格好経営 読みました!魂を揺さぶられる文章![書評]

不格好経営―チームDeNAの挑戦』を『Kindle Voyage』で読みました。 2-3時間で一気に読んでしまいました。読んだ直後の感想としては、本当に『魂が揺さぶられる本』の一言でした。 多分これはDeNAの創業者の南場さん自身の根本的な『人を魅了する才能』が文章にまで現れている気がします。

今回は少し短めですが、思ったことをメモしておきます。 1年後にもう一度読みなおしてみて、来年の自分がどう思うかを知りたいと思わせる本です^^


南場さんの才能と人としての魅力

最初に書いたことの繰り返しにはなりますが、第一声はここまで人の心に訴えかけられるのかと素直に感心しました。 読ませる文章は一級品ですが、それ以上に人の心をこれほどまでに訴えかけ、魅了するのかと感銘を受けました。 DeNAの創業期に南場さんのもとに、日本でもトップの中のトップの人達が多数集まったことの理由が 少しだけわかったような気がします。また、起業して、売上2,000億の企業を作り上げるということが どういうことかの断片を知ることができたような気がします。

南場さんの人間らしさと暖かさ

ここには一緒に働いてきた人への感謝の気持と、DeNAというチームに対する愛情で溢れている気がします。 僕は最近、この『愛情』を自分の働いているチームに対して向けられるということが大切だと感じています。 そういう組織をどうやって作り出せるかのヒントを知ることができた点でも素晴らしい本だったと思います。

不思議な表層

と同時に、失礼ながら不思議な表層を見ているような気もしました。 僕が起業的なことに失敗した中途半端な人間だからこそ思う、劣等感のような気もしますが。。。 そういう意味でも自分を見つめなおすことができるいい書籍だと思います(笑)

ビッターズの裏側を知ることができた

個人的にオークションが大好きで、ビッターズやモバオクが成長していたのを一人のユーザーとして見ていたので、 ああこういう裏事情があったのか。。。純粋に楽しかったです。逆に言うとずっとインターネットやってて、 思えばおっさんになったなぁと気付かされた気がします(笑)

Kindle Voyage いいよ!

この本ですが、『Kindle Voyage』で読みました。kindleは6インチでちっちゃいから読みにくい とか、白黒残念とか脳内で妄想していました。でも買ってみると自分の読書体験を塗り替えるほどのプロダクトでした。 何より読みやすい、読書が楽しいです。voyageなら、画面もめっちゃ綺麗です。

ちなみに、いつまでかはわかりませんが「30日間全額返金キャンペーン」もやっているので、まずは一度買ってためしてみるのもありだと思います!


おすすめの書籍