title: “Sublime Text日本語がtabキーで改行(消える)場合の対策”
category: Sublime text

😸 tags: [Sublime Text]

Where?小ネタです。Sublime Textを使っていて日本語の推測変換をしようとTabキーを押すと途中まで入力していた日本語が消えてしまうのに悩まされていましたが、ようやく解決方法を見付け足のでメモです。


🎃 設定の見直し

Sublime Textを開いて、Sublime Text2 => Preferences => Key Binding – Defaultをクリックすると、キーバインドの設定ファイルが開きます。

fpu_tmp_1355805830.2887_434214

このファイルの93-99行目を次のようにコメントアウトします。

// { “keys”: ["tab"], “command”: “insert_best_completion”, “args”: {“default”: “\t”, “exact”: true} },
// { “keys”: ["tab"], “command”: “insert_best_completion”, “args”: {“default”: “\t”, “exact”: false},
// “context”:
// [
// { "key": "setting.tab_completion", "operator": "equal", "operand": true }
// ]
// },

保存して再起動したら、日本語の推測変換をしても消えなくなりました。

ただ弊害もあってsublime側のコード保管をtabで選択できなくなります。トレードオフですが、僕のようにテキストが主の場合には消えないほうが助かると思います。

🚌 参考リンク

SUBLIME TEXT 2の日本語入力でTABを有効化する

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)