MacでのNode.js開発に環境構築[Nodebrew]


Mac SierraでNode.jsの開発するための環境構築の手順を簡単にまとめました!


🎉 nodebrewとは

nodeのバージョンマネジメントのツール。

🎳 nodebrewのインストール

公式の GitHub のインストール方法 を参考に nodebrewをインストール。

curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

~/.zshrc~/.bash_profile に以下を追加。

# nodebrew(Node.js)
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

でその後に source ~/.zshrc を実行。

🗽 Node.jsのインストール

まずはインストール可能な Node.js の一覧を表示。

nodebrew ls-remote

次にその中で最新のバージョンをインストール。(2017.07.25時点では、v8.2.1)

nodebrew install-binary v8.2.1

インストールされたことを確認。

nodebrew ls
#=> v8.2.1
current: none

利用するノードのバージョンを指定。

nodebrew use v8.2.1

Node.jsのバージョンを確認。

node -v
#=> v8.2.1

デファクトのyarnをインストール。

npm install -g yarn

これでインストールは完了です。

🚜 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)