RubyスクリプトでRSpec【TDD】


RubyスクリプトでRspecを使う方法をはじめて知ったので、備忘録メモです!

Pure RubyのスクリプトでTDDを始めたい人にお勧め!


🍣 RSpecをGemfileに登録

RubyスクリプトのGemfileにRSpecとactivesupportを追加。

source 'https://rubygems.org'
ruby '2.1.0'
gem 'rspec'
gem 'activesupport', '~>4.0.2', require: 'active_support'

🤔 RSpecの準備

RSpecの準備で次の2つのことを実行。

(1) specフォルダを直下に作成
(2) specフォルダの下にspec_helper.rb

で、そのコマンドはこちら。

mkdir spec
touch spec/spec_helper.rb

🚌 spec_helper.rbの設定

spec/spec_helper.rbの準備。ここに共通の設定を書いておくと捗ります!

require 'bundler'
Bundler.require
require 'active_support/dependencies'
ActiveSupport::Dependencies.autoload_paths << File.join(File.dirname(__FILE__), '/../lib/events').to_s

でRSpecファイルのspec/my_library_spec.rbの最初に次のおまじないを書くこと。

require 'spec_helper'

🏀 Let’s TDD

あとはmy_library.rbを書いていきながら、TDDするだけ!

🎃 参考リンク

How to test Ruby scripts with RSpec?

📚 おすすめの書籍