Mac SierraのPython簡単に開発環境を構築 [pyenv, virtualenv]


Pythonの統計や機械学習系ライブラリを触ってみたくって、Pythonの環境をMarvericksに構築したのでそのメモです。Pythonはほぼ初心者ですので、いろいろ触ってどんどん覚えていきたい!


😼 pyenvのインストール

brew install pyenv-virtualenv pyenv

🍮 pyenvの設定

vi ~/.bashrc か、 vim ~/.zshrc で次の内容を追記。

# pyenv
export PYENV_ROOT="${HOME}/.pyenv"
if [ -d "${PYENV_ROOT}" ]; then
export PATH=${PYENV_ROOT}/bin:$PATH
eval "$(pyenv init -)"
eval "$(pyenv virtualenv-init -)"
fi
export PATH=${HOME}/.local/bin:$PATH

完了したら、 source ~/.bashrc か、 source ~/.zshrc を実行。

🐠 pyenvにPythonの特定バージョンをインストール

必要なバージョンをインストール。

# インストール可能なバージョン一覧
pyenv install -l
# Python 2.7.6のインストール
pyenv install 2.7.11
# Python 3.5.1のインストール
pyenv install 3.5.1
# インストールされたバージョンの確認
pyenv versions
# 全体バージョンの切り替え
pyenv global 2.7.11
# pipのインストール
sudo easy_install pip

🗻 pyenv-virtualenvの設定

特定のプロジェクトで次のコマンドを実行して独立した環境を作ります。

cd /path/to
pyenv virtualenv 3.4.3 test
pyenv local test

これでディレクトリに移動する度にこの環境が使われます。

使いながら、徐々に追記していきます。Python初心者なのでツッコミ大歓迎です!

🐰 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)