Swift UIAlertControllerの初心者向け使い方ガイド


なかなか時間がとれていませんが、Swiftの勉強をしている中でiOS 8から、「UIAlertView」がdeprecated(廃止予定) になったことを知りました。
新しい「UIAlertController」への移行が推奨されているそうです!

今回は今後使いそうな「UIAlertController」の書き方を知ったので俺得スニペットです!


🗽 SwiftでUIAlertControllerを呼び出す

var alertController = UIAlertController(title: "sample title", message: "sample message", preferredStyle: .Alert)
// ボタン 1を作成
let firstAction = UIAlertAction(title: "button 1", style: .Default) {
action in println("button 1 が押されました")
}
// ボタン 2を作成
let secondAction = UIAlertAction(title: "button 2", style: .Default) {
action in println("ボタン 2 が押されました")
}
// ボタンを配置
alertController.addAction(firstAction)
alertController.addAction(secondAction)
// アラートを表示
// 通常の ViewController で呼び出す場合
presentViewController(alertController, animated: true, completion: nil)
// AppDelegate で呼び出す場合
// self.window!.rootViewController!.presentViewController(alertController, animated: true, completion: nil)

🐞 参考リンク

Objective-C - iOS8でのダイアログ表示:廃止になるUIAlertViewと推奨されているUIAlertControllerのメリット - Qiita

UIAlertController を AppDelegateで表示する: iPhoneアプリ開発備忘録

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)