rbenv-default-gems rbenvでRubyの別バージョンを入れる時に、gemを自動インストール


今回はrbenvのバージョンアップをするときについでにいつも使うgemを自動でインストールしてくれるgem『sstephenson/rbenv-default-gems』の紹介です。


🚜 rbenv-default-gemsのインストール手順

今回はrbenvをインストール済であることを前提にしています。もし、rbenvのインストール方法を知りたい場合は、拙著『Marvericks Rails 最新環境 詳解 構築手順 』をご覧ください。

ということで、rbenv-default-gemsをインストールします。

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv-default-gems.git ~/.rbenv/plugins/rbenv-default-gems

でもって常時インストールしたいgemを~/.rbenv/default-gemsに追加。

bundler
rails

あとは、(例)rbenv install 2.1.3とかってコマンドを実行すると自動で「Bundlerとrails」がインストールされます。

🎉 MacでbrewでRuby-buildをインストールしている場合

今回は、Ruby 2.1.2から2.1.3にアップデートするで例を書いてみます。

# Homebrew自体のアップデート
$ brew update
# ruby-buildのアップデート
$ brew upgrade ruby-build
# ruby 2.1.3のインストール
$ rbenv install 2.1.3
> Downloading ruby-2.1.3.tar.gz...
> -> http://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/0818beb7b10ce9a058cd21d85cfe1dcd233e98b7342d32e9a5d4bebe98347f01
> Installing ruby-2.1.3...
> Installed ruby-2.1.3 to /Users/komji/.rbenv/versions/2.1.3
>
> Fetching: bundler-1.7.3.gem (100%)
# => とこんなかんじで予め設定しておいたgemがインストールされていきます

地味に面倒くさいところなので助かります!

🖥 VULTRおすすめ

VULTR」はVPSサーバのサービスです。日本にリージョンがあり、最安は512MBで2.5ドル/月($0.004/時間)で借りることができます。4GBメモリでも月20ドルです。 最近はVULTRのヘビーユーザーになので、「ここ」から会員登録してもらえるとサービス開発が捗ります!

📚 おすすめの書籍