オリジナルの数値フォーマットの加算 | アルゴリズム [AOJ 1137][Ruby/Python][文字列操作]


引き続きプログラミングの基礎体力づくりと、Pythonの勉強を兼ねてアルゴリズムを勉強中です。今回は『括弧閉じているかのチェック』について勉強しました。AIZU Online Judgeで対応している問題は、『Numeral System』です。ごくごく初歩的な問題ですが、いかに戦略を立ててすばやく解くかを意識するとまた楽しくなってきます。

🏈 AOJ問題

Numeral System

Aizu Online Judge。”m”、”c”、”x”、”i” の4個の文字と “2”、”3”、”4”、”5”、”6”、”7”、”8”、”9” の8個の数字を使った整数値の新しいフォーマットの加算と結果表示をする。

🗽 Rubyコード

DICT = { 'm' => 1000, 'c' => 100, 'x' => 10, 'i' => 1 }.freeze
def mcxi_to_digit(s)
sum = 0
DICT.each do |k, v|
if s.include?(k)
if s[s.index(k)-1] >= '2' and s[s.index(k)-1] <= '9'
sum += s[s.index(k)-1].to_i * v
else
sum += v
end
end
end
return sum
end
def digit_to_mcxi(n)
str = ''
DICT.to_a.map do |k, v|
val = n/v
n = n%v
if val >= 2
str += "#{val}#{k}"
elsif val == 1
str += k
end
end
return str
end
n = gets.to_i
n.times do
a, b = gets.chomp.split(' ')
sum = mcxi_to_digit(a) + mcxi_to_digit(b)
puts digit_to_mcxi(sum)
end

😼 Pythonコード

def mxciToDegit(s):
dict = {'m': 1000, 'c': 100, 'x': 10, 'i': 1}
sum = 0
for c in dict:
if c in s:
if "2" <= s[s.index(c)-1] <= "9":
sum += int(s[s.index(c)-1])*dict[c]
else:
sum += dict[c]
return sum
n = int(raw_input())
for i in range(n):
a, b = raw_input().split()
sum = mxciToDegit(a) + mxciToDegit(b)
st = ""
list =((1000, "m"), (100, "c"), (10, "x"), (1, "i"))
for d, c in list:
val = sum/d
if val >= 2:
st += str(val) + c
elif val == 1:
st += c
sum = sum%d
print st

🐡 GitHubリポジトリ

当面はAOJを解きながら、アルゴリズムの再勉強をしていくつもりです。Ruby/PythonでのAOJの回答は下のリポジトリに保存しておきます。もしツッコミとかあればぜひ^^

morizyun/aoj-ruby-python - GitHub

🖥 VULTRおすすめ

VULTR」はVPSサーバのサービスです。日本にリージョンがあり、最安は512MBで2.5ドル/月($0.004/時間)で借りることができます。4GBメモリでも月20ドルです。 最近はVULTRのヘビーユーザーになので、「ここ」から会員登録してもらえるとサービス開発が捗ります!

📚 おすすめの書籍