Digdagで使われる用語


Digdagで使われる用語の紹介です。

🐠 プロジェクトとバージョン

  • 用語

    • プロジェクト => ワークフローで利用されるファイル郡(サーバ内でバージョン管理)
    • リビジョン => プロジェクトのバージョンのこと
  • 考え方

    • 通常は最新バージョンを使うが、過去のバージョンを指定することも可能
    • プロジェクトはバージョン管理の単位で使う。ワークフローがほかと関係していなければ別のプロジェクトを作るべき

🏈 セッションとアテンプト

  • 用語

    • セッション => 成功させる必要があるワークフローの実行計画の単位
    • アテンプト => 実際にセッションを実行結果です(成功、失敗など)
    • session_time => 日時の実行なら毎日リセットされる
  • 考え方

    • 期待されるステータスは、セッションがすべてGreen(成功)の状態
    • 失敗したセッションがあれば、アテンプトを確認してログから問題をデバッグする
    • session_timeはワークフローの履歴で一意になる。(実行の単位を管理している)
    • 同じ時間にワークフローを再実行する場合は過去のセッションを再度実行する

🎂 タスク

セッションが開始されると、ワークフローは一連のタスクに変換され、タスクそれぞれで依存関係をもちます。
Digdagは依存関係を把握し、順序にしたがってタスクを実行していきます。

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)