Webサービス開発で必要なHTMLの基礎知識


🐯 HTMLの書式宣言

最上部に<!DOCTYPE html>と書くことでHTML文書の標準モード(HTML5)であることを宣言します。

🎂 lang属性で言語を宣言

<html lang=ja>と書くことで内容が日本語であることをブラウザ、検索エンジンに伝えます。
ちなみに英語はen、スペイン語はes、ドイツ語はde、中国語はzhとします。

🐮 文字エンコーディングの指定

<meta charset=UTF-8>で文字エンコーディングを指定します。(HTML5からの推奨)

<head>
<meta charset=UTF-8>
</head>

🐞 viewpointの設定

端末やブラウザの横幅に合わせてレスポンシブに表示を行うためにviewpointを設定します。

<meta name=viewport content=width=device-width,initial-scale=1>

詳細なviewpointの設定は「viewport 設定3パターン」が参考になります。

🐰 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)