API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)とは?


API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)とはアプリケーションに情報や指示を出して、ソフトウェアが提供する機能を使えるようにしたもので、仕様やルールとセットになっています。

🎉 APIを使うメリット

開発を効率化できる

プログラミングでは言語やフレームワークが提供するAPIを介して機能を使って処理を実行します。提供される機能を使うことで、プログラマーは1から100まで全部コーディングしなくても済むようになります。

ユーザーの利便性を向上させる

Open IDのような他社の認証のしくみを活用することでユーザーにとっても、面倒な会員登録などの手続きを省略でき、利便性が向上します。

🐡 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)