JavaScriptのsleep処理


JavaScriptでSleep処理を入れるサンプルです。1秒待つ処理のサンプルは次のとおりです。

function sleep (msec) {
var d1 = new Date();
while (true) {
var d2 = new Date();
if (d2 - d1 > 1000) {
break;
}
}
}

// 1秒 (1,000ms)
sleep(1000);

こちらは可読性が高く使いやすいですが、常に Date オブジェクトを作り続けるので、CPUには優しくなさそうです。

🐞 参考リンク

🖥 VULTRおすすめ

VULTR」はVPSサーバのサービスです。日本にリージョンがあり、最安は512MBで2.5ドル/月($0.004/時間)で借りることができます。4GBメモリでも月20ドルです。 最近はVULTRのヘビーユーザーになので、「ここ」から会員登録してもらえるとサービス開発が捗ります!

📚 おすすめの書籍