RubyのArray入門


RubyのArray(配列)型に関するTipsの紹介です。

🏀 配列で最初の要素を削除

  • drop(n):指定した要素数を削除した配列を返します
  • shift:最初の要素を抜き出す、もとの配列からはなくなります
%w[A B C D].drop(1) #=> %w[B C D]
arr = %w[A B C D]
arr.shift #=> A
puts arr #=> %w[B C D]

🐡 安定ソート

比較結果が同じ要素がもとの順序どおりに並ぶソートを「安定なソート(Stable Sort)」と呼びます。

i = 0
ary.sort_by { |v| [v, i += 1] }

sort_byを上記のように記述することで安定なソートを行うことができます。

🐯 最大値のデータを選択

max_byはブロックの戻り値が最大になる要素を返します。

%w[piyo hugahuga pugii].max_by(&:size) #=> hugahuga

😀 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)