RubyのSpawn(別プロセスの起動)について


Rubyのspawnはプロセスを起動する関数です。生成した子プロセスのidを返します。

pid = spawn(command, options={})
pid = spawn(env, command, options={})

通常の挙動ではspawnは子プロセスを起動しますが、そのプロセスの終了を待たないです。Process.wait pidでプロセスの終了を待つようになります。

  • env => 環境変数を表すHash
  • command => 文字列の場合はシェル経由、配列の場合はシェルを経由しない
  • option => オプションパラメータのHash
    • chdir => 指定した文字列をカレントディレクトリにします

🐞 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)