RubyのSpawn(別プロセスの起動)について


Rubyのspawnはプロセスを起動する関数です。生成した子プロセスのidを返します。

pid = spawn(command, options={})
pid = spawn(env, command, options={})

通常の挙動ではspawnは子プロセスを起動しますが、そのプロセスの終了を待たないです。Process.wait pidでプロセスの終了を待つようになります。

  • env => 環境変数を表すHash
  • command => 文字列の場合はシェル経由、配列の場合はシェルを経由しない
  • option => オプションパラメータのHash
    • chdir => 指定した文字列をカレントディレクトリにします

🐡 参考リンク

📚 おすすめの書籍