RubyのStruct入門


RubyのStruct(構造体)はメンバーに値を設定するコンストラクタと、メンバーへのアクセサリメソッド
だけが定義されたクラスです。次のように定義します。

dog = Struct.new(:age, :sex, :three).new(10, 'male')
puts dog.age #=> 10
puts dog.members = [:age, :sex]
puts dog.values = [10, 'male']

Struct.newにブロックを渡して、その中にメソッドを定義することで
構造体にメソッドをもたせることもできる。

Dog = Struct.new(:age, :sex) do
def sleep
puts 'zzz...'
end
end
Dog.new.baw #=> 'zzz...'

🐠 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)