Javaのswitch文


Javaのswitch文の紹介です。

switch (判定対象) {
case 条件値リテラル:
文;
break;
case 条件値リテラル:
break;
default:
文;
break;
}

条件に当てはまらない場合はdefault:に続く文が実行されます。

🗻 switch文の条件式に使える型

char, byte, short, int, Character, Byte, Short, Integer, String, enumのいずれかの値です。言い換えると次の型です。

  • byteshortintの整数型とそのラッパークラス
  • 文字と文字列
  • 列挙型

🗽 case値に使える値の条件

  • 条件式が戻す値と同じ型か互換性がある型であること
  • final宣言された変数もしくはリテラルか、コンパイル時に値が決まること
  • nullではないこと

🍣 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)