Javaのswitch文


Javaのswitch文の紹介です。

switch (判定対象) {
case 条件値リテラル:
文;
break;
case 条件値リテラル:
break;
default:
文;
break;
}

条件に当てはまらない場合はdefault:に続く文が実行されます。

🏀 switch文の条件式に使える型

char, byte, short, int, Character, Byte, Short, Integer, String, enumのいずれかの値です。言い換えると次の型です。

  • byteshortintの整数型とそのラッパークラス
  • 文字と文字列
  • 列挙型

🤔 case値に使える値の条件

  • 条件式が戻す値と同じ型か互換性がある型であること
  • final宣言された変数もしくはリテラルか、コンパイル時に値が決まること
  • nullではないこと

🎉 参考リンク

🖥 VULTRおすすめ

VULTR」はVPSサーバのサービスです。日本にリージョンがあり、最安は512MBで2.5ドル/月($0.004/時間)で借りることができます。4GBメモリでも月20ドルです。 最近はVULTRのヘビーユーザーになので、「ここ」から会員登録してもらえるとサービス開発が捗ります!

📚 おすすめの書籍