ファクトリパターン


ファクトリパターンの基本的な考え方は、オブジェクト生成の機能を分離することです。
シンプルなファクトリパターンの例を書きます。

class MyClass {
private MyClass() {} // コンストラクタを直接呼べないようにprivateにします
//ファクトリメソッド
static MyClass getInstance() {
return new MyClass();
}
public void printHello() {
System.out.println(Hello);
}
}
MyClass my = My.getInstance();

🎳 ファクトリパターンのポイント

ファクトリパターンには次のメリットがあります。

  • オブジェクト生成のメソッド名に意味のある名前をつけられる
  • 必ずしも新規のオブジェクトを生成して返す必要はない(オブジェクトプーリング、シングルトン)
  • ファクトリメソッドの返り値の型を抽象型にできる

🏀 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)