Javaの真偽値(boolean、Boolean)について


Javaの真偽値を返す型、プリミティブ型のbooleanと参照型のBooleanの紹介です。

🐮 プリミティブ型の真偽値:boolean

プリミティブ型のbooleantruefalseのどちらかを返す型です。

boolean flag = true;
System.out.println(flag); //=> true
  • 条件によって処理を分岐する場合に用います
  • 初期値はfalseとなります

🐰 参照型の真偽値:Boolean

参照型のBooleanboolean値をラップしたものです。文字列への変換メソッドや定数等が格納されています。

Boolean flag = Boolean.parseBoolean("True");
System.out.println(flag); //=> true

🐞 文字列(String)への変換

boolean b = false;
System.out.println(b.toString()); //=> false

🐠 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)