Java IntelliJに関するTips


JavaでIntelliJを使う際のTipsです。

🤔 コードフォーマッター

IntelliJでコードのフォーマットを行うのは⌥⌘L(Command + alt + L)です。

😎 Eclipseのフォーマット設定をインポート

Eclipseのフォーマット設定をIntelliJに取り込むのは「Preference => Editor => Code Style => Java => 歯車のマーク => Import Scheme => Eclipse YAML Profile」で読み込みできます。

🐞 Spring Boot Devtools

Spring Boot Devtoolsを使うと変更をしたら自動リロードされるなど、開発中に便利な機能を使うことができます。

Mavenの場合は、pom.xmlのdependencyに追加してください。

<dependencies>
<dependency>
<groupId>org.springframework.boot</groupId>
<artifactId>spring-boot-devtools</artifactId>
</dependency>
</dependencies>

IntelliJの設定

IntelliJ側の設定Build project automaticallyを有効にしてください。

そしてShift+Command+Aregistryを選択したうえで、compiler.automake.allow.when.app.running
を有効にしてIntelliJをリスタートしてください。

これで自動でのリロードが有効になります。

🍮 Gradle homeの取得方法

IntelliJでGradleを使っているとGradle homeの場所をもとめられることがあります。
その場合は次のコードをbuild.gradleに保存してください。

task getHomeDir << {
println gradle.gradleHomeDir
}

そして次のコマンドを実行すると、gradle homeのパスを表示できます。

gradle getHomeDir

🐹 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)