シングルトンパターン


シングルトン(Singleton)パターンでは、対象クラスのインスタンスが1つしか生成されないことを保証します。
たとえば、設定ファイルはアプリケーションで1回読み込んで使い続けることができます。

public class SingletonSample {
private static SingletonSample instance = new SingletonSample();
private SingletonSample() {} // インスタンス生成をしないために private にする
public static SingletonSample getInstance() { // インスタンスの getterを用意
return instance;
}
}

😸 シングルトンパターンのポイント

  • インスタンスが1つの条件下でプログラムを書くことができ、制御がしやすい

🐠 気を付けるべきこと

  • クラス間の依存関係を高めるので、不必要に使わない

🐹 つかいどころ

  • 設定ファイルの管理や、コネクションプーリングなど

🎳 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)