Javaの文字型(Char)について


char型は、Javaの文字コードUTF-16の一文字(2バイト)を表します。

char c = 'a';

シングルクオート(')で囲むと文字リテラルになります。

🎉 Stringからcharの配列への変換

String s = abc;
char[] chars = s.toCharArray; //=> {'a', 'b', 'c'}

😎 StringBuilderからcharの配列への変換

StringBuilder sb = new StringBuilder(abc);
char[] charArray = new char[sb.length];
sb.getChars(0, charArray.length, charArray, 0);

🎃 charの配列からStringへの変換

char[] arr = { 'a', 'b', 'c' };
String s = new String(arr);

😼 charとStringの取扱い方針

効率性に問題がない限りはStringの処理を書くようにすべきです。

🚜 補足:char型に代入可能な数値

Javaでは符号化文字集合のUnicodeを採用しており、0〜65535までの数値を代入できます。

char c = 65;
System.out.println(c); //=> 65

😀 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)