エラー処理


JavaScriptで例外を投げるは throw を使います。
throw 文が実行されるとその後の処理は行われずに、コールスタック内の catch ブロックに制御が移行されます。
呼び出し元にcatchブロックが存在しない場合はその場でプログラムを終了します。

🐞 実行例

throw は文字列や、数字、オブジェクトなどを引数に取ることができます。

// 文字列で例外を発生させます
throw Error Message;
// 例外オブジェクトを投げる
function UserException (message) {
this.message = message;
this.name = UserException;
}
try {
throw UserException(hoge);
} catch(e) {
console.log(e.message);
console.log(e.name);
}

🚕 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)