JavaScriptのwindow.open()


windowオブジェクトはブラウザ環境でのJavaScriptでDOMを操作するためのオブジェクトです。
このwindow.open()は現在開いているページから、リンク先を別のウィンドウで開きます。

<a href=# onclick=window.open('http://www.yahoo.com', 'window1', 'width=800, height=1200 menubar=no toolbar=no scrollbars=yes') >
別のウィンドウで開く
</a>

🎳 window.openの構文

window.open()の構文は次のとおりです。

window.open(URL, ウィンドウ名, オプション)

URL

別ウィンドウで開くURLを指定します。

ウィンドウ名

ウィンドウ名を指定することで同じウィンドウを複数開かないようにします。指定がない場合はnullとします。

オプション

オプションで指定できる項目は次のものがあります。

オプション 説明
width 数値 ウィンドウの幅を数値で指定
height 数値 ウィンドウの高さを数値で指定
left 数値 ウィンドウの左端の位置を数値で指定
top 数値 ウィンドウの上端の位置を数値で指定
location yes/no アドレスバーの表示の有無
menubar yes/no メニューバーの表示の有無
resizable yes/no サイズを変更を許可するか否か
scrollbars yes/no スクロールバーの表示の有無
status yes/no ステータスバーの表示の有無
toolbar yes/no ツールバーの表示の有無

🎃 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)