Node.jsのfsモジュールのレシピ集


Node.jsのファイル操作は fs モジュールを使います。

🤔 ファイルの読み込み

ファイルの読み込みを同期処理で行う場合はこちら。(処理の完了を待つ)

let fs = require('fs'
fs.readFileSync(FILE_PATH, 'utf8'

ファイルの読み込みを非同期処理で行う場合はこちら。

let fs = require('fs');
fs.readFile(FILE_PATH, 'UTF-8', function(err, text){
console.log('text file!'
console.log(text);
console.log('error!?'
console.log(err);
});

🚜 ファイルへの書き込み

ファイルへの書き込みを同期処理で行う場合はこちら。(処理の完了を待つ)

const fs = require('fs'
let text = 'hoge foo bar';
fs.writeFileSync(FILE_PATH, text);

ファイルへの書き込みを非同期処理で行う場合はこちら。

const fs = require('fs');
let text = 'hoge foo bar';
fs.writeFile(FILE_PATH, text);

🍮 フォルダのファイル、ディレクトリ一覧

フォルダを指定してその直下のファイル、ディレクトリの一覧を取得する処理について。同期処理はこちら。

const fs = require('fs');
let list = fs.readdirSync(DIR_PATH);

フォルダ直下のファイル、ディレクトリ一覧を「非同期処理」で取得する処理は以下です。

let fs = require('fs');
let list = fs.readdir(DIR_PATH);

🍄 ディレクトリの判定

isDirectoryは対象のパスがディレクトリならtrueを返すメソッドです。

const fs = require('fs');
if (fs.statSync(DIR_PATH).isDirectory()) {
console.log(DIR_PATH + ' is directory!')
}

isFileメソッドは対象のパスがファイルならtrueを返します。

🚕 ファイルの存在確認

existsSyncファイル or ディレクトリが存在するならtrueを返すメソッドです。

const fs = require('fs');
if (fs.existsSync(DIR_PATH)) {
console.log('File or directory exist!')
}

🗽 参考リンク

📚 おすすめの書籍