JavaScriptのObjectについて


JavaScriptのObjectについての紹介です。

🗻 オブジェクトの追加

JavaScriptではObjectはプロパティを自由に定義でき、値や関数をまとめて保持してくれます。

var a = {};
a.hoge = "HOGE"; // 定義されプロパティはどこからでも参照可能
console.log(a.hoge); //=> HOGE

😀 オブジェクトの削除

オブジェクトの削除も簡単です。

var a = { hoge: "HOGE" }
delete a.hoge // 削除

🎉 オブジェクトから文字列への置換

JavaScriptのオブジェクトから文字列への置換は次のように行います。

// String() function の利用
String(someObject);
// JSON.stringify の利用
JSON.stringify(someObject);

🚜 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)