Linuxコマンド「diff」


diffは複数のファイルの差分(違い)を表示するコマンドです。

diff 比較するファイル1 比較するファイル2

🍮 利用例

unified形式の差分出力

読みやすさを重視したunified形式で差分を出力する

diff -u 比較するファイル1 比較するファイル2

上記の出力サンプルはこちら。

--- /path/to/original ''timestamp''
+++ /path/to/new ''timestamp''
@@ -1,3 +1,9 @@
+This is an important
+document!
+
This part of the
@@ -5,16 +11,10 @@
be shown if it doesn't
-changes.
-
-near future.
+compress anything.

2カラムで差分出力

diff -y 比較するファイル1 比較するファイル2

🚌 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)