git-credential


git-credentialを使うとパスワードの入力を省略できます。

🎃 ユーザー名とパスワードの管理の方式

保存場所 説明
git-credential-store ファイルに保存します。パスワードは平文です
git-credential-cache 常駐プロセスが保持します
git-credential-osxkeychain macOSのパスワード管理を使います

🐯 git credential-store

次のコマンドを実行しておくと、git cloneしたときの初回のユーザー名とパスワードをファイルに保存しておくことができます。

git config --global credential.helper store

🗻 git-credential-cache

次のコマンドで常駐プロセスにパスワードを保存します。
タイムアウトはデフォルトでは900秒です。

git config --global credential.helper cache

🚌 git-credential-osxkeychain

Macを使っている場合はKey Chainを使うことができます。
あらかじめ、Homebrewでgitをインストールしておく必要があります。

git config --global credential.helper osxkeychain

初回パスワード入力時にmacOSのキーチェインに登録されます。

🏈 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)