nginxのlocationについて


nginxのバーチャルサーバの設定のlocationについて説明します。locationではURIのパス単位の設定を行うことができます。

🐡 URIのパス単位での設定

基本形は次のようになります。

# 基本形
location プレフィックス URIのパス {
[設定]
}
プレフィックス 説明
なし 前方一致
= 完全一致。パスが等しいなら正規表現の条件は評価しない
^~ 前方一致。一致したら、正規表現の条件を評価しない
~ 大文字、小文字を区別する正規表現
~* 大文字、小文字を区別しない正規表現

🗽 locationの設定例

# /example/page.htmlのアクセスの場合
location ^~ /example/contact.html {
[設定1]
}
# /exampleで始まる場合
location ~ ^/example/ {
[設定2]
}
# 拡張子が一致する場合
location ~ \.php$ {
[設定3]
}

🗻 ロケーションパスの割り当て:alias

aliasはファイルシステム上のパスに対応させるための設定です。

location /html/ {
alias /var/www/html/;
}

🏈 設定のルートで表示するファイル:index

locationで指定したパスのルートで表示するファイルを設定します。

location /example/ {
index index.html index.php;
}

🍣 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)