git reset / コミットの取り消し


git resetはコミットを取り消すためのコマンドです。オプションによってコミットだけを取り消すことも、変更自体をすべて取り消すこともできます。

🚕 git reset --soft:コミットだけ取り消す

変更したファイルはそのままで、コミットだけを取り消したい場合は次のコマンドです。

# 直前のコミットだけ取り消す、変更したローカルファイルはそのまま
git reset --soft HEAD~1

😸 git reset --hard:変更もコミットも取り消す

コミットを取り消し、かつ変更したファイルも変更前の状態に戻したい場合は次のコマンドです。

# 直前のコミットだけ取り消す、変更したローカルファイルも戻す
git reset --hard HEAD~1

🍣 補足:最後にコミットした時の状態に戻す

git reset --hardで最後にコミットした状態に戻すことができます。(ローカルでの変更をなかったことにする)

# 最後煮込みっとした時の状態に戻す
git add . -A
git reset --hard

🐝 補足:最後のコミットを修正

直前のコミットでコメントをミスしたり、含めたかったファイルを忘れた場合は「git commit --ammend」で修正できます。

🐰 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)