TCPとUDPについて


TCPとUDPはトランスポート層のプロトコルで、ポート番号は「どのアプリケーションと通信を行うか」を示す番号である。

😀 TCP

イメージは「この部屋にある荷物を全部、A市B番地へ送ってください」と伝えると荷造りをして欠損がないように送ってくれる宅配便。

概要

  • 相手とコネクションを確立して、連続するデータストリームの送受信する
  • 信頼性の必要なアプリケーションで利用されている



参考元: 初めてUNIXで仕事をする人が読む本

機能

  • 接続と切断 : 通信相手を呼び出して相手と1対1で通信できる仮想的な通信路を確保すること
  • 通信制御 : 送受信するデータ量や送出スピードをコントロール。紛失したデータの再送を行う
  • アプリケーションとの仲介 : ポート番号やソケットを使って適切なアプリケーションに通信する

利用例

WebブラウザやEメールなど、FTPクライアントなどで使う。

🏀 UDP

梱包された荷物を届けるだけの一般的な運送屋さんのイメージ。

概要

  • コネクションレスで、単一のデータを送受信するのに利用する
  • IP、ポート番号を付加して、特定のアプリケーションに到達するデータの塊を授受する

利用例

  • DNS : ドメイン名からIPアドレスを調べるときなどに使う
  • DHCP : クライアントにIPアドレスなどを自動的に割り当てる

🗻 参考リンク

📚 おすすめの書籍

🖥 サーバについて

このブログでは「Cloud Garage」さんのDev Assist Program(開発者向けインスタンス無償提供制度)でお借りしたサーバで技術検証しています。 Dev Assist Programは、開発者や開発コミュニティ、スタートアップ企業の方が1GBメモリのインスタンス3台を1年間無料で借りれる心強い制度です!(有償でも1,480円/月と格安)